NEWS

  • 2018

    Jan

    26

  • Cariot News

    リアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」がSalesforce 「Lightning Experience」 に対応

株式会社フレクト(本社:東京都中央区、代表取締役:黒川 幸治、以下フレクト)のリアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」が、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)が提供するSalesforce の「Lightning Experience」に 対応いたしました。

Lightning Experienceは、デスクトップやタブレット、モバイルなどあらゆるデバイスを通じ、すべてのSalesforce ユーザに最新で効率的かつインテリジェントな消費者向けレベルのエクスペリエンスを提供します。各画面には状況に応じた最適な情報が表示され、プロセスの合理化と直観的なワークフローを実現します。*1

Cariotでは各ナビゲーションの最適化やレポート・ダッシュボードも全てLightning Experienceに対応しました。既にLightning Experienceをご利用されているユーザにも違和感なく、より洗練されたUIで走行データの分析・レポーティングが可能です。スクリーンショットや詳細についてはこちらでご覧ください。

*1 セールスフォース・ドットコムがSalesforce Lightningを発表
お使いのSalesforce組織がLightning Experienceの有効化を実施していることが必要です。
詳しくは貴社のシステム管理者にご相談ください。従来のClassicもサポートしており、これまで通りお使いいただけます。Lightningへの切り替えは必須ではありません。

 

■リアルタイム車両管理「Cariot」とは
車両にデバイスを差し込むだけで、インターネットやクラウドにつながるアプリケーション。クルマの幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車の情報を可視化し、そのデータを元にコンプライアンス強化、安全性向上、コスト削減や業務効率化をすることができます。

本アプリケーションは2015年秋より営業車両やバスの運行管理で利用実積を積み重ね、2016年から建設・物流業務を中心に「作業の効率化」や「コスト削減」の目的で利用されています。幅広い業界での導入数の増加を踏まえ、米国セールスフォース・ドットコムが運営するビジネスアプリケーション世界最大のマーケットプレイス「AppExchange」に公開、提供しています。
リアルタイム車両管理「Cariot」
 
■今後の展開
今後もさまざまな新機能拡充により、運転状況をさらに見える化し、安全性の向上のために必要な機能をより充実させ、お客さまの車両管理のお役に立てるよう努めてまいります。

 

《イベントのご案内》
Lightning Experienceに対応したUIのデモンストレーションなど2018年3月7日(水)から9日(金)に開催される、「リテールテックJAPAN(ソラコム様ブース内)」でご紹介します。

◆リテールテックJAPAN

会期:2018年3月7日(水)~3月9日(金)
会場:東京国際展示場「東京ビッグサイト」
(最寄り駅:りんかい線 「国際展示場」駅下車 徒歩約7分、ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分)
入場料:無料 ※事前申込が必要です。
https://messe.nikkei.co.jp/rt/

=======================
【本件に関するお問合せ先】
株式会社フレクト 担当 大槻
TEL:03-5159-2090 E-mail: pr@flect.co.jp
=======================