NEWS

  • 2018

    Aug

    21

  • プレスリリース

    リアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」、 通信型ドライブレコーダーデバイス「ER2」の機能アップデート

~緊急通報ボタンによる動画送信が可能に~

株式会社フレクト(本社:東京都中央区、代表取締役黒川幸治、以下フレクト)は、リアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」において、通信型ドライブレコーダーデバイス「ER2」の機能アップデートを実施いたしましたので、お知らせいたします。

■「ER2」について
「ER2」は、LTEモジュールを搭載した通信型ドライブレコーダー端末です。これまでそれぞれ独立して利用していただいていた「高性能ドライブレコーダー」、「GPSトラッキング」、「FeliCaリーダー」の3つの機能をコンパクトに一体化し、高いコストパフォーマンスを実現します。
車の情報はLTE回線網を通じ、「Cariot」サーバに連携します。サーバにはGPSによる速度測位、危険運転(急加速・急減速・急ハンドル)時の位置情報や動画データなどがクラウド上にアップロードされ、「Cariot」上の走行データから地図上で把握できるようになります。これによりタイムリーな現場の状況把握、走行記録の自動化による業務効率化や、危険運転ドライバーの運転指導ができ、安全性の向上などを実現します。映像はHD画像、WDR搭載のクリアな画質で保存されます。またインカメラにも対応し、車外だけでなく車内の同時録画が可能です。

Cariot_ER2

通信型ドライブレコーダーデバイス「ER2」

■新機能「緊急通報ボタンによる動画送信」について
今回の機能アップデートでは、「ER2」に「緊急通報ボタンによる動画送信」を追加したことで、任意のタイミングでクラウド上へ動画アップロードが可能になりました。
端末の緊急通報ボタン(EMGボタン)※1を押した瞬間を起点とし、クラウド環境に前約6秒、後約4秒の動画(インカメラ動画含む)をアップロードします。アップロードされた動画データは「ドライバーによる通報」イベントとして走行データ画面から閲覧※2することが可能です。また、「急加速」「急減速」「急ハンドル」と同様に、メールアラートの通知等をオプションで設定できます。緊急時以外にも利用範囲が広がり、荷物ピックアップや所定作業完了時のエビデンス等へのご活用がいただけます。

Cariot_※1緊急通報ボタン(EMGボタン)

※1緊急通報ボタン(EMGボタン)

Cariot_※2走行データ画面での閲覧イメージ

※2走行データ画面での閲覧イメージ

Cariotでは今後もお客様にいつまでも満足してご利用いただけるよう、ご導入いただいたお客様の声を吸い上げ、日々機能改善を行ってまいります。

Cariotの詳細についてはウェブサイトをご覧ください。
https://www.cariot.jp

■リアルタイム車両管理「Cariot」とは
フレクトが提供するリアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)=”Car(クルマ)”+”IoT”」は、2016年4月よりサービス開始。Cariotは、車両にデバイスを差し込むだけで、インターネット経由でクルマの幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車両の情報を可視化し、そのデータを元にコンプライアンス強化、安全性向上、コスト削減や業務効率化をすることができるクラウドサービスです。幅広い業界での導入数の増加を踏まえ、セールスフォース・ドットコムが提供する世界最大のビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」で公開、提供しています。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フレクト
広報:森
Cariot事業部:大槻
TEL:03-5159-2090
Mail:pr@flect.co.jp