NEWS

  • 2019

    Jun

    26

  • イベント

    SORACOM Discovery 2019にリアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」が出展いたします

当社は、株式会社ソラコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:玉川憲、以下ソラコム)が主催するSORACOM Discovery 2019にSilver Sponsorsとして「Cariot」を出展いたします。
SORACOM Discovery 2019は、ソラコムが主催する日本最大級のIoTカンファレンスです。IoTの最新トレンド、ビジネス活用事例から、IoTプラットフォームSORACOMをはじめIoT関連企業の最新サービスを一挙にご紹介する1dayイベントとなっています。

4年目となる今年のテーマは、「IoTを超えて」。通信、クラウド、機械学習、セキュリティなどIoT関連テクノロジーの急速な進化により、IoTの活用フィールドは年々広がっています。従来M2M領域でデータ活用がされていた製造・インフラ業界をはじめ、物流・小売や1次産業、コンシューマーデバイスに至るまで、あらゆるモノのデータがインターネットを通じてサーバーに蓄積され、分析活用をすることで、今までにないビジネスが生まれています。

昨年より規模を拡大した会場には、40を超えるセッションやハンズオン、IoT活用をサポートするパートナーソリューションやコネクテッド製品の展示、また業界トレンドなどを紹介するトラックも増設。技術トレンドからビジネストレンドに進化していく“IoTの最先端”を体感していただけます。

■イベント概要
主催:株式会社ソラコム
開催日:2019年7月2日(火)
開催時間:9:00~19:00
会場:グランドプリンスホテル新高輪・国際館パミール(東京都港区高輪3-13-1)
お申込み:事前登録制・参加費無料
>>詳しくはこちら

■「Cariot」ブース出展概要
展示会場内フレクトブースでは、「Cariot」の便利な機能、導入メリットのご紹介、管理画面のデモをはじめ、7月にリリース予定のドライバー向けの「Cariotスマートフォン用アプリ」の先行デモもご用意しております。

アプリはiOS版とAndorid版の2種類があり、ドライバーが保持しているスマートフォンやタブレットにアプリをインストールすると、これまでのCariotの車載端末の代わりとなり、あらゆるシーンでの利用が可能となります。車両に乗車する前の乗車前点検や、出張先でのレンタカー利用時や特殊車両、シガーソケットがなくデバイス取り付け不可の車両など、どのようなクルマも一元管理できるようになるため、さらなる業務効率化が期待できます。
ぜひ会場にて、実際に手にとってお試しいただき“最新のCariot”をご体験ください。

IoTビジネス活用に関心をお持ちの方をはじめ、 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

■リアルタイム車両管理「Cariot」とは
フレクトが提供するリアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)=”Car(クルマ)”+”IoT”」は、2016年4月よりサービス開始。 Cariotは、車両にデバイスを差し込むだけで、インターネット経由でクルマの幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車両の情報を可視化し、そのデータを元にコンプライアンス強化、安全性向上、コスト削減や業務効率化をすることができるクラウドサービスです。幅広い業界での導入数の増加を踏まえ、 セールスフォース・ドットコムが提供する世界最大のビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」で公開、提供しています。

Cariotの詳細についてはウェブサイトをご覧ください。

【本件に関するお問合せ】
株式会社フレクト
Cariot事業部:大村亮介
直通:03-3561-9610
cariot_marketing@flect.co.jp