NEWS

  • 2019

    Jul

    17

  • Cariot News

    IT導入補助金、2019年7月17日(水)より第二次公募開始

〜Cariot導入時に最大150万円の補助〜

リアルタイム車両管理サービス「Cariot(キャリオット)」の提供を手がける株式会社フレクト(本社:東京都中央区、代表取締役:黒川幸治、以下フレクト)は、経済産業省が実施する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(通称:IT導入補助金)」において支援事業者として、このたび2019年度の第二次公募が開始されることをお知らせいたします。

Cariot新規導入企業様は、この制度を利用することで最大150万円の補助金を受け取ることができます。

<第二次公募期間について>
・申請受付期間:2019年7月17日(水)~2019年8月23日(金)
・交付決定日:2019年9月6日(金)(予定)
・事業実施期間:交付決定日以降~2020年1月31日(金)(予定)
・事業実績報告期間:交付決定日以降~2020年1月31日(金)(予定)

<IT導入補助金とは?>
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。

<補助金限度額>
〇本サービス対象区分:クラウドサービス利用費
〇補助率:1/2以下
〇補助上限額・下限額:上限額:150 万円、下限額:40 万円[A類型]

※Cariotが認定された[A類型]の場合、申し込み時の金額が「車両ライセンス」「管理者ライセンス」で40万円を超えている必要があります。
※詳細はIT導入補助金制度ウェブサイトをご確認ください。
https://www.it-hojo.jp/

<「Cariot」導入の場合、以下の費用が補助対象となります>
・車両ライセンス費用
管理する車両につける車載デバイス1台ごとにかかる月額利用料(定額)
・管理者ライセンス費用
車両/走行データを閲覧する管理者ユーザ1名ごとにかかる月額利用料(定額)
※補助金の対象は初年度のみとなります。
※車載デバイスの端末費用は補助対象外となります。
※上記二つ共のご契約が条件となります。どちらかのみの契約では補助が適用されません。

「Cariot」導入に関するIT導入補助金適用については下記までお問い合わせください。
https://www.cariot.jp/contact

■リアルタイム車両管理「Cariot」とは
フレクトが提供するリアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)=”Car(クルマ)”+”IoT”」は、2016年4月よりサービス開始。Cariotは、車両にデバイスを差し込むだけで、インターネット経由でクルマの幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車両の情報を可視化し、そのデータを元にコンプライアンス強化、安全性向上、コスト削減や業務効率化をすることができるクラウドサービスです。幅広い業界での導入数の増加を踏まえ、セールスフォース・ドットコムが提供する世界最大のビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」で公開、提供しています。

Cariotの詳細についてはウェブサイトをご覧ください。
https://www.cariot.jp/

〜Cariot New image video〜

リアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」ならあなたの課題解決を強力にバックアップ