NEWS

  • 2020

    Jan

    21

  • Cariot News

    リアルタイム動態管理「Cariot(キャリオット)」、 パイオニア社ドライブレコーダー「TMX-DM02-VA」を追加デバイスに採用

2019012401.png

~タイムリーな現場の状況把握や安全性の向上を実現~

株式会社フレクト(本社:東京都中央区、代表取締役:黒川幸治、以下「フレクト」)は、パイオニア株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役 兼 社長執行役員:矢原史朗、以下「パイオニア」)の、ドライブレコーダー端末「TMX-DM02-VA」をリアルタイム動態管理「Cariot(キャリオット)」のデバイスに追加し、販売を開始いたします。

ドライブレコーダー端末「TMX-DM02-VA」は、専用結線もしくはシガーソケットで給電を行います。本製品を設置することで、車の走行情報がLTE回線網およびクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト API」を通じて、「Cariot」サーバーに連携されます。GPSによる速度・測位や、危険運転(急加速・急減速・急ハンドル)時の位置情報や動画データなどがサーバー上にアップされ、同時に「Cariot」上の走行データから地図上で把握できるようになります。これにより、タイムリーな現場の状況把握、走行記録を元にした業務効率化や、危険運転ドライバーの運転指導による安全性の向上などを実現します。

■パイオニア社 通信ドライブレコーダー「TMX-DM02-VA」について20200124-3
事故や危険運転時の鮮明な動画を通信で自動送信できるほか、ヒヤリハット地点の案内や、速度超過、急加速・急減速・急ハンドルなどの危険運転や長時間運転の際に音声と画面表示で警告する機能を搭載するなど、事故リスクの軽減に寄与する通信型のドライブレコーダー。


■リアルタイム動態管理「Cariot」とは
クルマと関わるすべての人をつなげて、その結びつきをなめらかに心地よく変革し、安心と満足を提供します

フレクトが提供するリアルタイム動態管理Cariot(キャリオット)=「”Car(クルマ)”+”IoT”」は、2016年4月よりサービス開始。Cariotは、インターネット経由でクルマの幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車両の情報を可視化し、そのデータを元にコンプライアンス強化、安全性向上、コスト削減や業務効率化をすることができるクラウドサービスです。幅広い業界での導入数の増加を踏まえ、セールスフォース・ドットコムが提供する世界最大のビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」で公開、提供しています。
Cariotサービスサイト: https://www.cariot.jp

【本件に関するお問合せ】
株式会社フレクト
Cariot事業部:大槻真嗣

直通:03-3561-9610
cariot_marketing@flect.co.jp

〜Cariot New image video〜

リアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」ならあなたの課題解決を強力にバックアップ