NEWS

  • 2020

    May

    19

  • Cariot News

    モビリティ業務最適化クラウドCariot(キャリオット)、タブレット端末に対応したアプリの提供を開始

~乗る人・待つ人・見守る人の三方のさらなる業務効率化、無駄時間の削減を実現します~

株式会社フレクト(本社:東京都千代田区、代表取締役:黒川幸治、以下「フレクト」)のモビリティ業務最適化クラウド「Cariot(キャリオット、以下Cariot)」は、タブレット端末でもCariotが利用できる「Cariot Mobile(キャリオット モバイル、以下Cariot Mobile)」アプリの提供を開始しました。
 輸配送の業務に関わる企業や自社の生産ラインの物流管理、ルートセールスやフィールドセールスなどで車両を活用して営業されている企業の方へ、さらなる業務最適化の支援を行います。

図1

■「Cariot Mobile」概要
アプリ版の「Cariot Mobile」は、 iOS・Androidで使える動態管理アプリケーションです。別途、車載デバイスを用意する必要がなく、お手持ちのスマートフォン、タブレットで動態管理を行うことができます。
2019年9月より、先行してスマートフォンに対応したアプリをリリースしておりましたが、視認性・操作性が高く、利用のニーズが高まっているタブレット端末に対応したアプリを新たにリリースいたしました。
ドライバー向けインターフェイスにより、運転車両の選択や乗車前点検、運行ステータス変更などの操作ができ、ドライバーや運行管理者、配車担当者の業務効率化をサポートします。クルマを待つ方々へは、 DriveCast※を通じて、リアルタイムの位置情報に加え、 “いま”、何の業務をしているか“の作業ステータスを通知し、クルマに関わる業務の改善にご活用いただけます。

iOS版: https://apps.apple.com/jp/app/cariot/id1471081467
Android版: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.cariot.cariotapp&hl=ja

※DriveCastとは、リアルタイムにクルマの状況を把握できるエリアマップのURLを、各車両に対し個別に設定し、そのURLをメールやSNS等で送付することで、 Cariot契約者以外にも共有できるCariotのサービスのひとつです。

■「Cariot Mobile」の特長・価格について
・デバイス不要で、レンタカー・シェアカーなどの社用車以外もスムーズに利用可能
・スマートフォン上において、ドライバー自身で「乗車前点検」、「業務/走行ステータスの変更」、「乗車後業務レポート」、「メッセージ」の操作・報告が可能

Cariot Mobile 月額 14,400円(5ドライバー、 1ユーザ)
−ドライバー追加 月額 +2,480円(1ドライバー)
–管理者追加 月額 +2,000円(1ユーザ)
・価格はすべて税抜です。
・GPS位置情報送信をご利用いただく場合は、車両ライセンスとドライバーライセンスの両方が必要です。

ご利用価格の詳細については、弊社WEBサイトよりお問い合わせください。
https://www.cariot.jp/

■モビリティ業務最適化クラウド「Cariot」とは
クルマと関わるすべての人をつなげて、その結びつきをなめらかに心地よく変革し、安心と満足を提供することをミッションに、 Cariot(キャリオット)=「”Car(クルマ)”+”IoT”」は、 2016年4月よりサービスを開始しました。
ドライバーや働き手の人手不足が年々深刻化している一方、輸配送や営業の現場では書類でのやりとりや無駄な待ち時間など、非効率なコミュニケーションや業務が課題となっています。 Cariotでは、そういったお客様の非効率を一つひとつ見つけて真因を特定し、リアルタイムなクルマの位置や状況のシェアを業務コミュニケーションの中心に置き、お客様の業務最適化を支援し、移動に関する収益につながる有効稼働率の最大化を目指します。
Cariotではこれまでに200社以上の企業に利用いただき、セールスフォース・ドットコムが提供する世界最大のビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」で公開、提供しています。

Cariotサービスサイト: https://www.cariot.jp

【本件に関するお問合せ】
株式会社フレクト
Cariot事業部:大槻真嗣
直通:03-3561-9610
cariot_marketing@flect.co.jp