NEWS

  • 2020

    Nov

    11

  • Cariot News

    モビリティ業務最適化クラウドCariot(キャリオット)、「駐車イベントマップ」をアップデート

~駐車イベント情報取得の精度を向上~

フレクトがサービス展開するモビリティ業務最適化クラウド「Cariot(キャリオット、以下Cariot)」は、車両が待機・滞留している場所や時間を確認できる「駐車イベントマップ機能」をアップデートいたしました。今回のアップデートによって、輸配送業務やルート配送、ルート営業など車両を使用した業務を行う企業のご担当者様へのさらなる業務最適化の支援を行います。

駐車イベントマップ

■「駐車イベントマップ機能」アップデートの詳細
「駐車イベントマップ機能」は、事前の設定が無くとも、車両が待機・滞留している場所や滞留していた時間が記録されることで、ドライバーの労働実態を把握できるようになる機能です。本機能を活用いただくことで、待機や滞留が「どこで」・「どのくらい」発生しているかを見える化できるようになります。
従来の駐車イベント情報の取得ロジックは、「道路交通法第二条一項十八号 駐車」に沿って5分を超える停止を駐車として判断していました。

【道路交通法第二条一項十八号 駐車】
車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること(貨物の積卸しのための停止で五分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止を除く。)、又は車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者(以下「運転者」という。)がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。

そのため5分未満の短い時間の停止時やCariotモバイルアプリで走行データを取得している場合などで、駐車イベントとして補足できないケースが発生していました。今回の機能アップデートでは、 2020年10月にリリースした訪問自動記録※の滞在判定ロジックと組み合わせることで、 3分以上の停止時およびCariotモバイルアプリで走行データを取得している場合にも「駐車イベントマップ機能」の対応ができるようになりました。
 本機能を活用して走行データを分析することで、待機や滞留といった「無駄な時間」が「なぜ発生するのか」を簡単に洗い出せるようになります。生産性向上やドライバーの残業時間削減といった取り組みにお役立ていただけます。

※訪問自動記録機能とは
事前に記録を残したい取引先を登録しておくことで、滞在の状態を自動的に判断し、取引先と滞在時間を紐付けて記録することができる機能

■モビリティ業務最適化クラウドCariot(キャリオット)とは
 クルマと関わるすべての人をつなげて、その結びつきをなめらかに心地よく変革し、安心と満足を提供することをミッションに、 Cariot(キャリオット)=「”Car(クルマ)”+”IoT”」は、 2016年4月よりサービスを開始しました。
 ドライバーや働き手の人手不足が年々深刻化している一方、輸配送や営業の現場では書類でのやりとりや無駄な待ち時間など、非効率なコミュニケーションや業務が課題となっています。 Cariotでは、そういったお客様の非効率を一つひとつ見つけて真因を特定し、リアルタイムなクルマの位置や状況のシェアを業務コミュニケーションの中心に置き、お客様の業務最適化を支援し、移動に関する収益につながる有効稼働率の最大化を目指します。
 Cariotではこれまでに200社以上の企業に利用いただき、セールスフォース・ドットコムが提供する世界最大のビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」で公開、提供しています。

Cariotサービスサイト: https://www.cariot.jp

【本件に関するお問合せ】
株式会社フレクト
Cariot事業部:村上 正大
直通:03-3561-9610
cariot_marketing@flect.co.jp